鍵造の心に触れたあれこれを思いつくまま残していきます。


by kagizo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

生まれて初めて





     高尾山で並んで食べた芋ようかん

              ほおばる父が目に焼きついて




     昭和9年生まれの父と16年生まれの母。

     鍵造も含め、芋ようかんを食べたことがありませんでした。

     浅草で買った芋ようかん。

     甘いものなんかほとんど食べない父が「うまいうまい。」と

     ほおばる姿、目に焼きついて離れません。



     父と母に、僕は何をしてあげられるだろう。



     -鍵造-
[PR]
# by kagizo | 2009-09-24 23:33 | Jun.'08~

お願い





    「これが見納めやから。」なんて言葉

              意地でも実現させやしないから




    父と母が上京してきました。

    贅沢なんて全然知らない、知ろうともしない母が

    雷門を見てつぶやきました。



    何回でも何回でも連れて来てあげる。

    「もういらん。」って言うくらい、いろんなトコ連れて行くから。



    ずっと元気でいて下さい。



    -鍵造-
[PR]
# by kagizo | 2009-09-24 23:25 | Jun.'08~

今の僕は





     字を書けない 箸を持てても使えない

                耳の痒さを我慢できない



    
     右腕を脱臼して固定中です。

     ・・・お風呂に浸かりたい。体をゴシゴシ洗いたい。。。



     -鍵造-
[PR]
# by kagizo | 2009-09-16 22:14 | Jun.'08~

つまんない





     「人よりも偉く」なんていらないから

               楽しく笑って仕事したいよ



 

     職場の雰囲気、どうにかならないかな・・・。

     

     -鍵造-
[PR]
# by kagizo | 2009-09-14 23:18 | Jun.'08~

思い出したから





     孤独にもひとりにも慣れたはずなのに

               君の居ない部屋が今は寂しい




     ずっとひとりだったのに。

     気楽でいい、なんて思ってたのに。



     -鍵造-
[PR]
# by kagizo | 2009-09-13 23:16 | Jun.'08~